~ 更生医療の指定医療機関 ~ 認定医のていねいな指導で安心治療
~ 更生医療の指定医療機関 ~
認定医のていねいな指導で安心治療

矯正のお悩みお気軽にご相談ください

0246-26-3328

クリニックのご案内

  • 認定医のていねいな指導で安心治療
  • 低料金システム
  • 通いやすい土日診療
  • 明るい雰囲気でリラックス治療

更生医療の指定医療機関

厚生労働大臣が定める疾患(主に唇顎口蓋裂など)に起因した咬合異常の矯正治療は、自立支援医療の指定医療機関である当院において保険診療の対象となり、育成医療(18歳未満)・更生医療(18歳以上、障害者手帳の交付が必要)が受けられます。

診療科目

小児矯正、成人矯正

矯正歯科を専門としております。

一般診療は行っておりません。

診療時間

月・火・金 12:00〜19:00

土・日・祝 9:00〜17:00

休診日

水・木

年末年始、お盆、ゴールデンウィークの一部

矯正歯科学会大会時等

院長
山口 優

  • いわき市立平第二小学校卒
  • いわき市立平第一中学校卒
  • 福島県立磐城高等学校卒
  • 東北大学歯学部卒
  • 東北大学歯学部歯科矯正学講座終了
  • (現 東北大学大学院歯学研究科
  • 発達加齢・保健歯科学講座
  • 顎発達・咬合形成学分野)
  • 東北大学歯学部歯科矯正学講座
  • 文部教官助手任官(助教)
  • やまぐち矯正歯科クリニック開設
  • 日本矯正歯科科学会会員
  • 日本矯正歯科科学会認定医
  • 東北矯正歯科学会会員
  • 福島県歯科医師会会員
  • いわき歯科医師会会員
  • Bioprogressive Study Club 会員
  • 東北大学歯学会会員
  • SETデンタルセミナー会員

筋機能療法担当
山口 加世子

  • 福島県立磐城女子高等学校卒
  • 福島大学教育学部卒

受付
山口 典子

  • 福島県立磐城女子高等学校卒
  • 福島大学教育学部卒

治療の必要な歯並び

叢生(そうせい)乱ぐい歯・八重歯

歯が重なり合っている状態(ガチャガチャの歯並び)

歯ブラシが行き届かず、むし歯や歯周病になりやすくなります。

Before

After

上顎前突(じょうがくぜんとつ)出っ歯

上の前歯や歯列全体が前にでている状態。前歯を使うことができません。

また、歯を折ったり、唇を切ったりしやすくなります。見た目も良くありません。

Before

After

下顎前突(かがくぜんとつ)受け口・反対咬合

下の歯が上の歯より前に出ている状態。よく咬めないだけでなく、聞き取りにくい話し方になります。

顔の中央部が成長できず、しゃくれた感じの横顔になります。

Before

After

開咬(かいこう)

奥歯は咬んでいても前歯やわきの歯がポッカリ開いている状態。飲み込む時の下の使い方の異常や、口呼吸などが原因です。よく咬めないばかりか正しい発音もできません。

Before

After

交叉咬合(こうさこうごう)

箱のふたがずれているように、上下の咬み合わせが左右にずれている状態。

Before

After

埋伏歯(まいふくし)のある歯並び

自然に萌出できない歯を持っている状態。

放っておくと両側の歯が倒れこみ、歯並びがさらに乱れます。埋もれている歯が生えている歯の根の部分にあると、いま生えている歯もだめになってしまうこともあります。

Before

After

Before

After

歯の喪失や先天欠如のある歯並び

交通事故などにより、歯を失ってしまった状態。

残った歯を利用して咬合の再構成をします。

Before

After

Before

After

保険診療となる矯正治療

自立支援医療(育成・更生医療)

厚生労働大臣が定める疾患(主に唇顎口蓋裂など)に起因した咬合異常の矯正治療は、自立支援医療の指定機関である当院において保険診療の対象となり、育成医療(18歳未満)・更生医療(18歳以上、障碍者手帳の交付が必要)が受けられます。

唇顎口蓋裂(しんがくこうがいれつ)

唇、上顎、口蓋が出生時に閉じなかった状態。

500人に1〜2人の割合で発生します。

Before

After

初診・相談(40〜50分)

医師が患者さんの現在の口腔内の状態や顎顔面の状況・矯正治療の概略・治療費、料金のお支払方法などを説明します。

また、患者さんの悩みや治療に関する疑問・心配などを伺います。

基本検査 (患者さんは15分)

患者さんの詳しい資料を採取します。

・口腔内写真 ・顔面写真 ・上下歯列印象採得

・レントゲン(側方頭部X線規格写真4ツ切、パノラマ写真など)

・鼻腔通気度の測定 ・顎顔面形態の審査

・咬合状態の審査 ・顎関節の調査 ・気道の調査等

診断(30〜40分)

検査結果、また、原因などについて説明します。

今後の治療方針やおおよその治療期間を聞いていただきます。

動的治療開始(15分)

診断の結果、直ちに治療を開始するのが望ましい患者さんは、装置を付けて歯を動かし始めます。

筋機能治療開始 (15分)

歯の萌出を少し待つ場合や、かかりつけの歯科医院での抜歯が必要な方は、その間に正しい口腔内の環境を作るため、そして、良い成長ができるよう当クリニック独自のトレーニングを開始します。

ブラッシング指導 (15分)

歯磨のできていない方、歯肉が腫れている方は、ブラッシングの練習をしていただきます。

歯石の除去なども行います。

調節 (15分)

装置が付いている患者さんでは、原則的に3~4週間ごとに来院していただき、ワイヤーを交換して歯を動かしていきます。

ワイヤーによって歯を3次元的に移動させます。

観察 (15分)

一年ごとに検査をします。(歯の萌出交換期の患者さんで6ヵ月ごと)歯や顎顔面の状態の変化を診ながら治療を進めていきます。

保定期間

動的治療終了後、新しい歯並びを維持するために保定装置(リテイナー)という簡単な装置で保定という操作を行います。

Q1:何歳くらいで相談したらよいでしょうか?

症状によって治療開始の時期が違いますが、受け口や出っ歯のように、放っておくと顔面の成長に強く影響が出る場合や、また、骨の中で永久歯の位置が悪いと、今生えている永久歯の根をだめにしてしまう場合もあります。

気がついたら、なるべく早くご相談ください。

Q2:大人でも治療できますか?

もちろん大丈夫です。

部分入れ歯を作るために矯正する方がいるくらいですから、年齢に上限はありませんが、成長期にある子供は顎や顔面の成長・発育を利用しながら治療をすすめられることから条件がより有利になります。

Q3:治療期間や費用はどのくらいかかりますか?

骨のできるサイクルを利用して、3週間に一度の割合で通院し、動的治療は一般的に約2年です。また、矯正治療は原則として保険が適用されず、*特殊な治療 を除いては自己負担となります。

症状によって治療費は異なるため、まずは視診で現在の口腔内や顔面の状況、予想される治療期間、 それに伴う治療費などを説明します。矯正治療に先立つ精密検査は、矯正治療の開始時に行います。

支払方法にはいろいろありますのでご相談ください。

※特殊な治療=唇顎口蓋裂などの矯正治療が保険適用となります。

Q4:口の中に簡単に取り外しのできる装置を使って治療できないでしょうか?

取り外しのできる装置は手軽と思われるかもしれませんが、実は、患者さんの強い意志と根気が必要です。付けているときには歯が動きますが、はずしている間に歯は戻ります。ですから、結局一日中使用していかなければ効果は出てきませんし、精密な歯のコントロールは望めません。

一般的に矯正医は、こうした装置は使用しません。また、使用した場合は、著しくしゃべりにくくなったりと、学校生活なども不快となります。

Q5:歯を抜かなければ治療はできないのでしょうか?

状態によっては歯を抜いた方が良い場合もあります。無理をすれば並べられますが、歯を並べただけでは顎骨と歯の関係や顔面に対する歯の位置関係が不適切になることがあります。そしゃく能力も見た目も悪くなってしまいます。そうした場合は抜歯が必要となりますが、成長期前に治療を開始することにより、基本的な問題を解決できれば歯を抜かずに治療できる可能性も高くなります。

Q6:むし歯や歯周病でも治療できますか?

基本的には、装置を付ける歯にむし歯があれば、その前にかかりつけの歯科の先生に治療をしてもらいます。むし歯の位置や状態によっては、矯正治療と並行してむし歯の治療をすることができます。特に重なって生えている歯の場合、重なっている部分がむし歯になっていることが多いのですが、歯を動かしてむし歯が見えてきてから治療すると歯医者さんもきれいに治しやすくなります。

歯周病は矯正治療と並行して歯科の先生のもとで治療します。悪い歯並びによって歯周病がさらに悪化する例もありますし、むし歯になるリスクも高くなります。

Q7:治療中、歯に痛みはありますか?

初めて装置を付けたとき、力を調整したときには、食事のときに歯が浮くような痛みや、歯ぐきのムズムズ感がありますが数日で治まります。こうした不快感は年齢に比例して長く続くため、子供の方がより負担が軽くてすみます。不快な時間は、治療を進めるにしたがって徐々に短くなっていきます。

当院では、ステンレススチール製のワイヤー(安価・細くても硬い)や急速拡大装置(上顎骨を急激に拡大・頭蓋骨全体に力がかかるため強い痛みを伴い、歯列弓の維持もしにくい)は使用しません。弱い力で効果的に歯の移動を行うテクニックを用います。

Q8:矯正治療を成功させるポイントはどこにありますか?

矯正治療は、短い動的治療と長い管理が理想です。患者さんとのお付き合いは、とても長くなります。患者さんと矯正医が協力体制と信頼関係を保ちながら、途中であきらめることのないよう頑張る事が必要です。

アクセスマップ

〒973-8403

福島県いわき市内郷綴町高野作62

  • JRいわき駅より車で10分
  • JR内郷駅より車で3分
  • 常磐交通労災病院前下車徒歩5分

予約・お問い合わせはこちらから

 0246-26-3328

<診療日>

月・火・金 12:00〜19:00

土・日・祝 9:00〜17:00

<休診日>

水・木

年末年始、お盆、ゴールデンウィークの一部

矯正歯科学会大会時等